【旅行記】北海道周遊3泊4日旅行【行程・予算すべて公開】

【旅行記】北海道周遊3泊4日旅行【行程・予算すべて公開】旅行記

今回は、2018年・夏に実施した北海道周遊旅行をご紹介します

・ プランの立て方
・ コスパの良い旅の仕方
・ 旅行の反省点

等、参考になればと思います!

スポンサーリンク

概要

日時   :2018年9月(3泊4日)
予算   :約7万円(交通費+宿泊費)
天気   :晴れ・曇り
人数   :4人(途中合流組あり)
移動手段 :飛行機・レンタカー

旅のテーマ:
空港近郊で気になるエリアを一気に周る旅にしています
理由は、3泊で千歳→知床→富良野→札幌と周った際に、ほぼ移動で終わってしまった反省からです(汗)

留萌エリア

 

登別エリア

 

小樽・余市エリア

 

行程

1日目(晴れ)

大阪・伊丹 → 新千歳空港着(10時半)→ 昼食(13時) → 支笏湖(14~16時)→ 増毛周辺(21~23時)→ ホテル

※ 空港にてレンタカー借りる

2日目(晴れ)

ホテル朝食(7時)→ グリーンヒルウインドパーク(9~10時半)→ 新千歳空港(14時半)→ のぼりべつクマ牧場(15時半~17時)→ ホテル・登別温泉観光

※ 空港にて途中参加組と合流

3日目(曇り)

ホテル(10時)→ 昭和新山(11時半)→ 洞爺湖(12時半)→ 余市蒸溜所(14時半~17時)→ホテル・小樽観光

※ 小樽にてレンタカー返却

4日目

小樽朝食(10時半)→ 新千歳空港

1~3日目は、レイヤ分けしています

予算

66,300円 / 人

飛行機  :34,700円 (往路ANA、復路JAL)
レンタカー:4,800円 (タイムズカーレンタル)
高速道路 :2,000円

1日目宿 :5,900円
2日目宿 :14,000円
3日目宿 :4,900円

+食費等

 

飛行機は、各社比較した結果LCCが最安でしたが、JAL・ANA等もそこまで変わりませんでした
伊丹空港の使い勝手やサービスを考慮し、選びました

レンタカーは、保証が最強のタイムズカーレンタルにしています

宿は、1泊だけ豪華にすることで、
コスト削減と、旅行のメリハリに貢献しています(要はお金が無いってだけなんですが、、(笑))

ホテル紹介

1日目:ホテルニューホワイトハウス / 5,900円

増毛・グリーンヒルウインドパークへの観光拠点として、留萌のホテルを選びました

中でも、朝食で「いくら食べ放題」なのが決めてのホテルです!

立地・中身ともに満足できるホテルでした

 

2日目:登別温泉 第一滝本館 / 14,000円

北海道で1番歴史ある宿」江戸時代からの歴史があり、Wikipediaにも乗っている旅館です

決め手は、「温泉で日本酒が呑める」 一度やってみたくありませんか?(笑)

今回の旅行の奮発ポイントです

札幌・新千歳空港から、送迎バスもあります

アクセス|第一滝本館【公式】
第一滝本館へのアクセスはここでチェック。札幌からも新千歳空港からも、登別はアクセス抜群。札幌駅前からの専用送迎バスもご用意し、お客様のお越しをお待ちしております。

3日目:スマイルホテル小樽 / 4,900円

小樽は、観光地・空港まで電車一本という2つのポテンシャルがある街です

・夜・朝ともに、街に繰り出して食べられること
・コスト削減

という2点から、リーズナブルな宿にしました

※ 名前が変わったそうです

旅行のダイジェスト

まずは腹ごしらえ!

新千歳空港から車で30分

食べログ「豚丼ランキング全国2位」の、「空海」です

北海道旅行の最初はここ、毎回のルーティーンになっています!

関連ランキング:豚丼 | 島松駅

増毛の星空

初日の夜、増毛エリアは星空が綺麗だったので、天体観測へ

9月の北海道、天体観測にはコートがあると頼もしいです

① 風車とともに

高台にそびえる風車が印象的な場所です
ちょうどオリオン座が綺麗に見えました!

多分このあたり、、
留萌~増毛間の、国道231号沿線です

② 内陸部へ

内陸部では、更に星空が綺麗に見えてきます
まさに満天の星空

特に何もありませんが、凍えながらずっとカメラと向き合っていました

こちらの「道道94号線」沿線のこの辺りだったはず、、
内陸にいけば行くほど、星は綺麗にみえました

③ 廃小学校とともに

増毛の市街地に「旧増毛小学校」という、
道内で最大最古の木造校舎があります

ニシン漁で栄えた昭和30年頃までは、現在の4倍近い人口があり、
その分小学校も大きかったんですね

 

草原でダンス

欅坂46の2ndシングル「世界には愛しかない」

この名曲のMVロケ地、「グリーンヒルウインドパーク」です

筆者は「欅共和国2019」に参加したことがある程度の、にわかファンですが、
今回の旅行の目玉の1つでした!

雄大な草原と、それにアンチテーゼを唱えるかの様な巨大な風車


道路内陸側に、巨大な風車軍が見えてきます

特に観光スポット化されていませんが、楽しめると思います
筆者らは一応、曲に合わせて踊ってきました(汗)

ヒグマとの戯れ

場所はまたガラっと変わり、2泊目の「登別温泉」エリアです

適当に行ってたら早く宿に着きすぎた(15時半)ため、近くで探した結果、
4人とも興味はそこまででしたが、クマ牧場に行くことに、、

基本的には「熊にエサやり」するだけなんですが、

・エサを要求する様子
・エサに食いつくところ
・エサを取り合う争い

見所たっぷりで、予想外に大満足の観光スポットでした!

旅のピーク「露天風呂で日本酒」


出典:じゃらん

日本酒が呑める露天風呂、、一度はやってみたい、憧れではないでしょうか?

ここは北海道、冬は雪見温泉+お酒、なんてのも楽しめそうです!

実際経験して感じたことです

・酒やお猪口を入れる「たらい」?は、安定しにくいので注意
・つまみで「カリカリ梅」がセットだが、一合飲むには足りない
・湯に浸かってるとベロベロになるので、温泉の淵に腰掛けがち

特に2つ目、酒を飲むにはつまみが大事、というのを痛感しました

「マッサンの舞台」余市蒸溜所

ウイスキー好きなら、一度は行ってみたい場所ではないでしょうか?

ここは、無料で施設見学・試飲ができる、とても気前のいい蒸溜所でした!

3種の無料試飲に併せて、美味しいつまみも充実しています
つまみはとても大事です、、!

旅行の反省点

・1日目、2日目は、天気もよくOK
・3日目「登別温泉→余市」の移動が長かった
・4日目「小樽観光」の時間が十分とれなかった

ダイジェストで紹介しているのは、ほとんど1,2日目で、3,4日目は余市だけになっています
これが、反省点かなと思います

・3日目「登別温泉→余市」の移動が長かった

途中の盛り上がりに欠け、余市に着く頃は少し疲れが見えていました

要因

・周辺スポットの弱さ(洞爺湖、羊蹄山を眺める、など)
・景色の平凡さ(道東・道北ほど雄大ではないので)
・天気の悪さ

改善案

・登別温泉→札幌へすぐに帰り、札幌・小樽周辺で観光・グルメを楽しむ

・4日目「小樽観光」の時間が十分とれなかった

帰りの飛行機の時間があったため、午前中に小樽を出る必要がありました

筆者自身は小樽は何度も行ったのでいいのですが、
旅の終盤にもう一声、盛り上がりがあれば、よりよかったですね

まとめ

2018夏の北海道旅行についてご紹介してきました

・ プランの立て方
・ コスパの良い旅の仕方
・ 旅行の反省点

等、参考になりましたでしょうか?

当ブログでは、無料旅行プラン作成もしていますので、
ぜひお気軽にお問い合わせください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

他の旅行記については、こちらもどうぞ!

※ 執筆中

最後までご覧いただき、ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました