【旅行記】四国三県1泊2日旅行【行程・予算すべて公開】

あと写真【旅行記】四国三県1泊2日旅行【行程・予算すべて公開】旅行記

今回は、2020年・夏に実施した四国周遊旅行をご紹介します

・ プランの立て方
・ コスパの良い旅の仕方
・ 旅行の反省点

等、参考になればと思います!

スポンサーリンク

概要

日時   :2020年夏(1泊2日)
予算   :約2.6万円(高速+宿泊費+入場料等)
天気   :曇り・晴れ
人数   :2人
移動手段 :友人の車

旅のテーマ:四国食倒れと、海・山の絶景

久々の旅行だったので、特にグルメは存分に堪能できる様、予算をつぎ込みました(笑)
旅程は事前に地図を見ながらしっかり目に組んだので、無駄のない行程になっています

スポンサーリンク

行程

1日目(曇り)

大阪(9時) → 土成(11時半)→ 昼食(12時) → 切幡寺(13時)→ 鴨島(13時半~14時半)→ 脇町(15時半~16時) → 高知市内(19時)

2日目(晴れ)

ホテル朝食(8時)→ 桂浜(9時半~10時)→ 龍河洞(11時~11時半)→ うどん①(13時半)→ 雲辺寺(14時~15時)→ うどん②(15時半)→ 父母が浜(16時)→ 大阪(19時)

スポンサーリンク

予算

26,050円 / 人

高速・ガソリン :9,000円
1日目宿    :4,650円
1日目晩飯   :9.000円
龍河洞     :1,200円
雲辺寺     :2,200円

+その他食費等

 

レンタカーが無い分安いですが、四国へは海を超えるため、高速料金が高くなってしまいます

また、宿代は安かったですが、食費・アクティビティ系には、気が済むまで投資したため、
思ったより高くなったな、という印象です

節約した点は次のとおり

・帰りは瀬戸大橋経由にした
・土成~鴨島~脇町~高知は下道経由にした
・ガソリンは、四国の田舎で給油した(レギュラー110円程度)
スポンサーリンク

ホテル紹介

ドーミーイン高知 / 4,250円

全国展開のビジネスホテル「ドーミーイン」は、少しだけ高いけどサービスは最高です!

晩ごはんのグルメのため、宿泊地は高知にしましたが、
高知の中心でその日最安の宿がここでした

・シモンズのベッドで快適
・部屋が綺麗
露天付きの大浴場
・朝食バイキング(豪華で美味しい)
・コーヒー、夜鳴きそばサービス

といった、いたれりつくせりなドーミーイン
おすすめです!

※駐車代は別途800円でした

 

 

スポンサーリンク

グルメ紹介

1日目昼・夕

四国について一発目は「たらいうどん」
夕方に休憩がてらカフェに入りました

樽平

徳島道「土成IC」付近の名物「たらいうどん
たらいに入ったうどんを、「川魚で出汁をとったつけ汁」で食べます!

うどんといえば香川ですが、徳島でも希少なうどんを食べれますよ!

川魚「じんぞく」が飼われていました、すばしっこい、、

関連ランキング:うどん | 阿波市その他

 PUNTA

うだつの町並み」にある古民家カフェです
バーカウンターに中庭と、和洋折衷のオシャレな空間が広がります

カフェで寄ったので、ティラミスを食べましたが、
上品な見た目も合わさり、とても美味しかったです!

1日目夜

高知グルメを堪能!ということで、3軒ハシゴしました(汗)

居酒屋 大吉


かつおのタタキ、見た目はともかく、味は絶品です!

ドーミーインからすぐ、繁華街にある居酒屋

地元民で賑わうお店らしく、リーズナブルでメニューも豊富!
鰹のタタキ以外の名物も数多く揃っています

・うつぼのタタキ
・イカ団子
・マグロ餃子


うつぼのタタキ

鶏肉のように、しっとりとした味わいでした!

一軒目終わり、三大がっかりスポット「はりまや橋」も見てきました(笑)

関連ランキング:居酒屋 | 堀詰駅大橋通駅はりまや橋駅

五藤

あと写真【旅行記】四国三県1泊2日旅行【行程・予算すべて公開】

繁華街にある割烹料理屋さん

カウンターでお高そうに見えますが、見た目よりリーズナブルにも楽しめます!
日本酒2瓶と、刺身・天ぷら等3品で1万円くらいです

店のおばちゃんと話して、何品かサービスしてくれました!

関連ランキング:懐石・会席料理 | 蓮池町通駅はりまや橋駅堀詰駅

松ちゃん

締めに屋台ラーメン!
餃子が有名らしいですが、懐かしい風味の醤油ラーメンも美味しいです!

あっさりスープですが、チャーシューは多くて食べごたえあり
麺が艷やかで、どんどん食が進みます(笑)

締めにおすすめのお店です

関連ランキング:餃子 | 蓮池町通駅高知橋駅堀詰駅

2日目昼

一気に北上し「うどん県」へ

「雲辺寺」付近で、2杯のうどんを堪能しました!

うまじ家・豊浜店

行列のセルフうどん屋「うまじ家」さん、地元でも大人気だそうです!

うどんの盛りから伝わるとおり、清潔感のあるお店かつ、
味やコシもとても美味しかったです!

ざるうどん大(2玉):370円
とろ玉メンチ:100円(たしか)

関連ランキング:うどん | 豊浜駅

 

つるや

食べログ3.67の圧倒的高評価!
夜20時と、讃岐うどん屋にしては遅くまでやっているのも魅力です

肉ぶっかけは、たっぷり肉と甘みの効いた出汁がとても美味しいです
少し器の淵がベタついてたのが気になる点でしょうか。。

・肉ぶっかけ小:480円
・おでんたまご:100円

関連ランキング:うどん | 観音寺駅

 

スポンサーリンク

旅行のダイジェスト

【大鳴門橋】2つの橋を駆け抜ける


わかりますか、、?

淡路島ルートで四国へIN!
途中の「大鳴門橋」では、渦潮の上を走ります

運がよければ、橋からも渦潮が見えますよ!
一番左の車線を走り、左側の席にいる場合に限りますが。。

(わざわざ見に行った時に限って見えないんですよね。。)

【切幡寺】奥にそびえる重要文化財

 


四国八十八箇所の1つ、豊臣秀頼が、父・秀吉を弔うために建立された「二重の塔」が立派です
重要文化財に登録されています

初層も二層も方形(正方形)の二重の塔は唯一らしいです
確かに、二層目は円柱のものをよく見る気がしますね

石段がひたすらキツイのですが、本殿まで車で行けました(汗)

【鴨島】地元の栄枯盛衰

 

 

筆者が幼少期を過ごした、徳島県 吉野川市の中心「鴨島」
20年ぶり地元探訪ですね(笑)

鴨島公園は、名前のとおり鴨がたくさんいたのですが、、
この日は2羽、なにがあったのか。。

アヒルもたくさんいたのですが、かつてのアヒル池は無人に。。


かつてのアヒル池、、

【桂浜】海の彼方に何を思う。。

ここ3年、毎夏きてる「桂浜」
海へと続く階段が、なんとも夏を感じられて、とてもいい所なんです!

龍馬像に挨拶し、太平洋に行くぜよ!!

この日は穏やかな波でしたが、晴れててもこんな大波の日もあります!


この日の波は穏やか、お茶と撮るの好きです


去年の写真、波が全然違いますね!

 

【龍河洞】海の次はまさかの洞窟

日本三大鍾乳洞の1つで、4kmに渡る巨大な洞窟です
通常コース」は、その内整備された1kmを歩きます

狭く暗いため、閉所恐怖症だとキツイかもしれませんが、
自然が織りなす景色、特に洞窟内の滝は、思わず目を奪われました


青く、神秘的にライトアップされていました

また、「冒険コース」では、専用の服を着て、更に暗闇へ突入します
レンタル料込みで2,000円らしいので、次は行きたいなと思います!

【雲辺寺】かと思えば、一気に山頂

四国八十八箇所の1つ、最も標高が高く、ロープウェイで行きます
夏の紫陽花、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の景色が楽しめます(春はまあ、、)

空海が、別の寺院(善通寺)建立用の木材探しをしているときに、
ここ、雲辺寺山を訪れたのが、お寺ができたきっかけだそうです


徳島・香川の県境を制覇!

【父母が浜】時間帯を間違える

日本の「ウユニ塩湖」こと、父母が浜(ちちぶがはま)
読みが難しいですね。。

16時ころ行ったのですが、かなり賑わっていました!

ただ、「ウユニ塩湖」の様に水鏡が綺麗なのは、日没前後頃
時間の都合上、今回は諦めました(泣)

・日没頃
・風が穏やかな日
・人物は小さめに

が、いわゆる「ウユニ塩湖」ぽい写真を撮るコツです!
(またリベンジに行きますね)

スポンサーリンク

旅行の反省点

・旅程は計画どおり動け、無駄なし
・父母が浜を計画的に訪れれば更によかった
・グルメにお金がかかったが、他は安上がり
かなり計画的に旅行したので、旅程はほとんど無駄なしでした
実は「桂浜」は、急遽入れたのですが、根幹があることで、多少のブレには動じない、たくましい計画でしたね
また、予算で紹介しましたが、
ホテルやアクティビティにもあまりお金がかかってなく、コスパもよかったです

グルメも計画的に節約できれば、、でしたが、酔っ払って散財も旅の醍醐味ですよね(汗)

スポンサーリンク

まとめ

2020夏の四国旅行について、ご紹介しました!

・ プランの立て方
・ コスパの良い旅の仕方
・ 旅行の反省点

等、参考になりましたでしょうか?

当ブログでは、無料旅行プラン作成もしていますので、
ぜひお気軽にお問い合わせください!

無料旅行プラン作成
ー わたくしakkyの経験を、すべて捧げます ー 筆者の経験をもとに、最高のプランを考えてお届けします 費用は無料!! ぜひこの機会に、ご利用ください(^^) ※ ただし、国内限定とさせていただきます 新型…

他の旅行記については、こちらもどうぞ!

※ 執筆中

最後までご覧いただき、ありがとうございました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました