【WordPressもOK】簡単便利なブログテクニック集

ブログ

今回はブログで使える便利なテクニックをご紹介します

どんなブログでも使えますが、基本的には「WordPress」を想定してご紹介します

随時更新していきますね

スポンサーリンク

画像関連

画像の容量を無限大に

画像容量の問題は、Google Photo で一気に解決です!

問題

ブログで画像を載せたいという方、多いと思います
そんな中、画像のアップロードには制限がありますよね

筆者の場合は32MBが上限になっています
これは人によって異なるので、投稿の編集画面の「メディアを追加」から確認してみてください

こんな感じで書いてありますね

これはどのくらいの容量かと言うと、画像1枚100KBとすると、300枚程度しかアップロードできません

非常に少ないですし、残りの容量を気にするのでストレスになります
300枚多いと感じるかもしれませんが、100記事更新すると、1記事あたり3枚しか画像を使えません

解決方法

そんなときにオススメなのが Google Photo です!

使い方

◎ Google Photoでやること

① Google Photo を使うには、Googleアカウント(無料)が必要です

② Google Photoに画像をアップロードします

③ Google Photoの「共有」画面にいき、「+作成」ボタンから共有フォルダを作成します

④ 共有フォルダに、ブログに投稿したい画像を追加します

⑤ 共有フォルダを「共有」の設定にします

このボタンをクリックします

「オプション」をクリック、「共有」が青くなるよう設定します

こんな感じになればOKです

⑥ Google Photo でアップロードした写真を開いた状態で、右クリックすると「画像アドレスをコピー」と出るので、そちらをクリックします

この状態で右クリックすると出てきます

◎ WordPressでやること

① ブログの投稿画面の右上で、「テキスト」を選択します

② 画像を入れたいところに、 <img src=””> と入力し、”と”の間に、先程コピーした画像アドレスを貼り付けます

仕組み

GooglePhotoにアップロードした画像は、基本的には自分しか見ることができません
しかし、「共有」という設定をすることで、画像のアドレスがわかる人なら誰でも見ることが出来るようになります

ブログ内に画像のアドレスを貼り付けることで、この仕組を活用し、自在に画像を貼り付けることができるようになります

なお、画像のアドレスをそのまま貼り付けるだけではダメで、<img src=””>というコマンドが必須となります

メリット

  • 容量が無制限
  • 撮った写真をすぐにアップロード、自動でタグ付け
  • 自在にフォルダ分け

とにかく、容量を気にしなくていいのがとても助かります
また、GooglePhotoの設定をすれば、スマホで撮った写真をそのままアップロードしてくれるので、手間が減ります

更に、自動タグ付けや手動のフォルダ分けをすることで、過去の写真を探す手間も省くことができます

デメリット

  • Googleのサービスが提供終了すると、使えなくなる

筆者が思うデメリットはこのくらいかな、と思います
圧倒的にメリットが大きいです

このデメリットは非常にダメージが大きいですが、何もかもサービスが提供すると使えなくなってしまうので、あまり気にしていません

画像の大きさを変更する

画像のアドレスを書き換えることでできます

問題

Google Photoでアップロードした画像、ブログでは大きさを変えて表示したいことありませんか?

WordPressでは、大中小で画像の大きさを選べましたよね?
それができなくなった!という方もご安心ください!

解決方法

画像のアドレスを書き換えます

Google Photoのアドレスをコピペすると、一番最後に

w1280-h511-no

等と記載があると思います

これは、幅1280、高さ511を表しています

ここの数字を消して書き直すだけでOKです
縦横比は、自動で調整してくれますよ!

オンラインの画像をアイキャッチに

Featured Image from URL」というプラグインを導入すればOKです

問題

先程の疑問のところで、GooglePhotoを活用する、という結論をご紹介しました
すると、アイキャッチ画像への登録ができなくなります

アイキャッチ画像は、WordPressにアップロードしたメディアを使っていたためですね

解決方法

Featured Image from URL」というプラグインを導入するだけです

使い方

このプラグインを有効化すると、編集画面で「Featured Image from URL」がでてきます

そこに、先程と同じ手順で、GooglePhotoの画像をアドレスコピーして貼り付けます

編集画面関連

シンプルな編集画面を手に入れる

「Classic Editor」というプラグインを有効化させればOKです

問題

WordPressのデフォルトの編集画面って扱いにくいと思います

もっと、直感的に編集したい!と思われる方には、これがオススメです

解決方法・使い方

「Classic Editor」というプラグインを有効化させるだけです

これだけで、非常にシンプルかつ、公開される画面のイメージで編集できます

行の先頭に空白を入れる

<em> </em>を使えばOKです

問題

 こんにちは

と、1マスあけて打ちたいのに、

こんにちは

となってしまうこと、ありませんか?

新しい段落で1マス空けたい、見栄えを整えるため1マス空けたい、、なんてこと、あると思います

解決方法

<em> </em>を使えばOKです

使い方

WordPressの編集画面の右上で、「テキスト」をクリック、こんな画面になります

次に、1マス空けたい場所に<em> </em>をコピペします

ここをクリックすると<em>が、もう一度クリックすると</em>がでてきます
直接打ち込んでもいいですし、クリックしてもOKです

以上です!簡単ですね

ちなみに2マス空けたい場合は、<em>  </em>と、あいだのスペースの量を増やせばOKです

 

常にリンクを新しいタブで開く

Open External Links in a New Window」というプラグインを有効化させればOKです

問題

ブログの記事内に、ブログ外の記事を引用したり、リンクを貼り付けたりしたい、と思ったこと、あると思います

リンクの挿入は、編集画面のボタンから簡単に入れられます
しかしそのまま公開すると、リンクをクリックしたとき、そのままのタブでリンク先が開かれます

すると、自分のサイトの表示時間が減ってしまったり、続きを読んでくれなくなったりするリスクがあります

解決方法

これも簡単で、「Open External Links in a New Window」というプラグインを有効化させればOKです

使い方

編集画面のボタンからも操作出来ますが、1つ1つのリンクに対して設定していく必要があります
そのため、設定し忘れがどうしてもでてきてしまいます

コメント

タイトルとURLをコピーしました