【FCバルセロナ】トラブル続きのヨーロッパ旅行で、定価でクラシコを観戦!

【FCバルセロナ】トラブル続きのヨーロッパ旅行で、定価でクラシコを観戦!旅行記

今回は筆者の旅行記から、バルセロナでサッカー観戦したときのことを紹介します!

旅行自体は、ミラノ・バルセロナを中心に色々と観光しましたが、
この記事では、バルセロナでのサッカー観戦と、それまでの経緯について紹介します

スポンサーリンク

はじめに

2020年7月現在、新型コロナウイルスの関係で、海外への渡航はかなり厳しい状態です

また、スペインサッカー「ラ・リーガ」では無観客試合が行われています

・・・このような状況下で、現地でのサッカー観戦へのハードルは、かなり高いものだと思います

 

ですが、コロナウイルスがいつか収束したときに、
海外旅行・サッカー観戦に参考になる記事を書ければと思い、記事を書くことにしました

旅行の計画を立てる!

旅行概要

日時   :2018年5月(6泊7日)
予算   :220ユーロ(約27,000円)(バルセロナの観戦チケット)+飛行機等
天気   :晴れ
人数   :2人
移動手段 :バルセロナ市内→地下鉄

GWを活用してのヨーロッパ旅行(ミラノ・バルセロナ)です

まず、ヨーロッパのどこに行くか、で迷いましたが、
「せっかくならヨーロッパでサッカー見たいな」と思い調べることに

すると、なんと、ちょうど「エル・クラシコ」の日程とバッティング!!!

これは、サッカー好きなら見に行くしかないですね(笑)

・日本からの航空券が一番安かった「ミラノ
・エル・クラシコを見るために「バルセロナ

そんな経緯で、この2都市を巡る旅行に決めました

どんな試合?

ちなみに、今回筆者が探したのは、「レアル・マドリー vs FCバルセロナ」という、
サッカーの試合の中でもかなり特別な試合

エル・クラシコと呼ばれる、伝統の一戦です

世界のサッカーのTOP2チームの戦いで、
出場選手も、レアルの「ロナウド」バルセロナの「メッシ」と、世界のTOPの二人が出ます

“宇宙人が地球観光するときに見たいと思うイベント”があれば、かなり上位に入ると思います(笑)

チケット入手へ向けて、、

そうと決まれば早速、サッカーチケット確保のため、調べます

 

・・・高い、、

 

普通に「バルセロナ チケット」等で調べると1枚10万円くらいの怪しいチケットばかり見つかります

なぜこんなに高い!?

FCバルセロナの公式サイトでは、エル・クラシコ前後の試合のチケットは売られていました

しかも、1万円もしないチケットも多くあります・・・

 

・・・調べたところ、やはりクラシコは特別なもので、一般発売はまだされていないようでした

しかし、試合開始の2日前の午前に、一般発売が行われるという情報を入手しました!

※ ここをもっと詳しく知りたい方は、このサイトが更に参考になるかと思います

クラシコの観戦チケットを定価で購入する方法(バルセロナ編) | leeharunori.com
【追記あり】2018年10月28日にバルセロナで開催されるクラシコのチケットは現在一般発売中です。今回は2連席なども空いており非常に買いやすい状況です。 ただ、残念なことにチケット...
情報が錯綜

海外の情報というのは難しいもので、三重苦なんですね

・言語がわからない
・文化がわからない
・日本人の情報は信用できない

言語や文化がわからないので、「直前で一般発売があります」と言われても、
日本のコンサートチケットの一般発売みたいに、すぐ売り切れるんじゃないかと、心配になります

また、日本人のブログを呼んでいても、アフェリエイト中心のブログ、
もしくは実際に現地に行っていない記事も多く、情報収集は非常に困難でした

 

この記事は、筆者が経験したことをありのまま書くので、ぜひ参考にしてもらえればと思います

頼むぞ一般発売・・・

試合開始直前、ということはヨーロッパ旅行中、ということになります

やはり、10万円の転売チケットを買うわけにはいかないので、
旅行中、無事に一般発売が行われ、無事に買えることに懸けることにしました。。

インターネットがどれだけ自由に使えるかわからない中、望みを託しいざ出発です、、、!

ヨーロッパへ出発

スケジュール

今回、ヨーロッパでは4泊5日の旅程で計画しました

1日目:ミラノ着→ミラノ観光
2日目:ミラノ観光
3日目:ミラノ→バルセロナ(飛行機)、バルセロナ観光、サッカー観戦
4日目:バルセロナ→帰路
ミラノとバルセロナを大体2日ずつ観光する、といった旅程で組みました

しかし、この時はトラブル続きで旅程が崩壊するとは、まだ夢にも思っていないのでした。。

ミラノにて

まずはミラノに着きます

ミラノで行うことは、次の3つです

・ミラノ観光
・サッカーのチケット入手
・バルセロナへ向かう
ミラノでの観光紹介

ミラノ観光の紹介です

別記事でも紹介しようと思うので、簡単な紹介にとどめようと思います


ミラノといえば、大きな教会「ドゥオーモ」が有名ですね!


「ドゥオーモ」は、中に入れるし、上にも登れます
すぐ横には、こちらも有名な観光地「ガッレリア」が見えますね

広い広場は観光客で賑わっていますが、油断するとミサンガを売りつけられるので、要注意です!!


近くで食べたジェラート
なぜか、日本のものより何倍も美味しく感じます


サッカーの旅でもあるので、ミラノのサッカークラブ「インテルのグッズストアにも行きました!

改めて、チケットを入手

ミラノ観光2日目、この日の午前中は、チケット取りで潰れました、、

宿のWi-Fiを使って、FCバルセロナ公式サイトへアクセス!
時間(現地時間11時だったかな?)になると、無事、チケットが発売されていることが確認できました!

2席横並びを探すのに苦労しましたが、なんとか確保!

5分くらいで売り切れたら嫌だなと思って頑張りましたが、意外となかなか売り切れませんでした
これは意外でしたね

 

ただ、途中で偽サイトっぽいのに繋がったりもして、本当に公式チケットが取れたのかは、少し不安でした

「偽サイトってなんやねん!」って感じですが、若干HPのデザインやURLが違うサイトに、たまに繋がった様な気がしたんですよね・・・

もしかしたら入れないかも。。」という不安を抱えつつ、
取り敢えず、ミラノからバルセロナまで行ってみることにしました

トラブル発生

3日目になり、いざ、ミラノからバルセロナへ!!

・・・と、ここでトラブルが発生します

乗る予定だった飛行機が、ストライキで欠航

・・・おいおい、マジかよ、、、

 

空港に着いたものの飛行機が飛ばず、途方に暮れるしかありませんでした、、
他の飛行機も取れなさそうだし、地理感や文化がわからないし、、

ということで、この日の午前中は、空港で、これからどうするかの話し合いで潰れました
このときの空気は、お察しのとおり、最悪でした(笑)

 

・サッカーのチケットが本物かわからない
・飛行機はなく、バスで行くしか無い(バス代で+1万円)
・帰りの飛行機も欠航になるかも

上記の理由で、バルセロナ行きを断念しようかとも思いましたが、

・ミラノは2日間十分観光した
・サッカーのチケット代は、もう払ってしまった
・帰りも欠航しても、死ななきゃOKでしょ

という理由から、

リスクはありましたが、もう考えるのはやめにして、取り敢えず行くことにしました、、、!

いざ、バルセロナへ!


実際に乗った、「Flix Bus」というバスです
車内はきれいで、Wi-Fi・コンセントと、なかなか充実した設備が整っていましたが、、

 

ミラノからバルセロナまでバスで向かいます

ミラノ(23:40)→フランス・リヨン(6:00~乗換~7:35)→バルセロナ(16:15)

約17時間、想像を絶するバス旅の長さ、、、

距離的には1100kmなので、東京~博多間くらいです
しかし、時間はめちゃくちゃかかりました。。

しかも、フランス・リヨンは、治安があまりよくないらしく、早朝なので特に気を引き締めないといけません

 

バルセロナ→リヨンは、取り敢えず寝るだけなので、比較的楽でした
(ただし、イタリアとフランスの国境で、パスポートの確認がバス車内で行われました)


早朝のリヨン駅バスターミナルに到着、なんとなく怖い雰囲気です。。

少し散策していると、バスターミナルから駅まで、屋内で繋がっていることがわかりました
駅に喫茶店があったので入店、一安心です


喫茶店の窓からは、リヨン駅が見渡せました
ヨーロッパの駅は、開放的で無駄が少なく、どこもいいデザインだなと思います


再度、Flix Busに乗車
バスに乗ったら一安心なので、また寝ることにしました


バスは途中、晴れ渡った空の下、整備された道路をひたすら走っていきます
青空なのに、バスの中にいるのが勿体ない。。


途中、サービスエリアで休憩

・・・ですが、いつバスが出発するか聞き取れなかったので、
常にバスを視界に入れつつ、お昼ごはんにしました

置いてかれたら、リアルバックパッカーになってしまうので、、(汗)


青空の下の昼食は、バスに囚われた身としては、かなり気持ちいいものでした!

 

こうして耐えること、17時間、ようやくバルセロナに到着しました

サッカーの試合は、現地時間21時からなので、
16時~21時の間で、ホテルに荷物を置き、サグラダファミリアだけサクッと観光して、軽食を取り、スタジアムへ向かいました(笑)


サグラダファミリア、一応中もゆっくり観光できました
ただし、他の観光地は一切行けませんでした。。

この距離のバス移動は、おすすめしません!(笑)

憧れのカンプ・ノウ

サッカースタジアム「カンプ・ノウ」へは、バルセロナ市街地から地下鉄で
アクセスはとても良いです

時間ギリギリについたので、急いで入場ゲートへ
果たして入れるのか、、


地下鉄の最寄り駅からスタジアムまでは、観戦客に着いていけば地図なしでいけます(笑)


無事入れてくれ!頼む!Rakutenさん頼む!!

ゲートに行くと、無事入場完了!!

・・・バスに17時間揺られたかいがありました(T_T)

席に着くと同時に応援歌が始まり、なんとか間に合いました


「バルサ!バルサ!バーーーールサ!」と、10万人の観客が叫びます
日本では、東京ドームでのライブが5万5千人なので、その倍近い観客がいます

そこからの試合結果は、サッカー通ならご存知かと思いますが、

レアル・マドリー 2ー2 バルセロナ

の引き分けで終わりました


クラシコは毎度のように、サッカーじゃない所でも波乱が起きます(笑)
サッカーしてない時間の方が長いんじゃないかな・・・??(混乱)


メッシのフリーキック

これは外れましたが、会場の盛り上がりを感じることができました!

【FCバルセロナ】トラブル続きのヨーロッパ旅行で、定価でクラシコを観戦!
スタジアム全景

割とゴールから近い席なので、チケットも27,000円と少し高額なものでした
しかし、ゴールのシーンがよく見えるし、迫力もかなりのものでした

ロナウドがダッシュするシーンなんて特に、迫力満点でしたね!

サッカー観戦を終えて

・この試合で最後のクラシコとなった、「クリスティアーノ・ロナウド」「イニエスタ」の活躍が見れた
・「クリスティアーノ・ロナウド」「メッシ」の両看板選手が、筆者に近い側にゴールを決めてくれた
・バス旅の努力が報われた

こんなにも報われて、まさに「我が生涯に一片の悔い無し」でした、、!

まとめ

今回は、エル・クラシコを見に行った際の旅行記を紹介しました!

チケットの取り方に特化した記事は見かけたので、ここでは筆者の実際の体験談を紹介しました

ちなみに調べてみると、このような観戦ツアーもあったようです

https://www.nta.co.jp/sports/wowow_classico/pdf/18028.pdf

50万円くらいかかりますが、これなら安心して見れそうですね!
ですが、筆者のようなドタバタ旅も、これはこれでいい思い出になりました(心臓には悪いですが、、)

また、この旅行全編まとめて、記事を書こうと思っているので、そちらもぜひご覧ください!

皆さんの旅行の参考になれば幸いです(^^)

早くコロナが収まることを願いつつ、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました