【絶景&絶品】北海道2泊3日のモデルプランまとめ

【絶景&絶品】北海道2泊3日のモデルプランまとめモデルプラン

今回は、2泊3日を想定した北海道旅行のモデルプランをご紹介します

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか
スポンサーリンク

【はじめに】筆者と北海道の関係

この手のブログで、よくこんなこと思いませんか?
「○○がオススメって書いてるけど、そもそもブログ書いてるお前誰やねん?」

ですので、北海道を紹介する前に軽く自己紹介させていただきます

筆者は、祖父母が札幌在住のため、幼い頃から毎年北海道に行っていました
また、大学入学以降は、友人たちとor一人旅で、年2回は北海道に行っています

ですので、あらゆるシチュエーションを想定してご紹介ができるかなと思っています!

北海道のおすすめスポット

こちらの記事もご参考にどうぞ!

【絶景】ため息がでるほど美しい、北海道の絶景おすすめ10選!
北海道の日本離れした風景、とても魅力的ですよね! 今回はそんな北海道の絶景を特集します 全て、私が見てきたところなので、感想も添えてご紹介しますね 海の絶景 礼文島 礼文島(れぶんとう)は、北海道の北の端にある小さ...

プランの考え方

期間:2泊3日
予算:考慮していませんが、あまりに高くならないように
発着地点:新千歳空港
移動手段:レンタカー

プラン1 【富良野・美瑛】雄大な絶景満喫プラン

プラン概要

北海道らしいのどかな景色を堪能するプランです
目的地は、色とりどりな花が咲く「富良野」、どこまでも広い大地「美瑛」です

夏はシンプルに絶景ですし、北海道の内陸部のため、「北の国から」の世界観のように寒いですが、冬も楽しめますよ

移動距離もそこまでなので、運転に自信ない方でも心配いらないと思います

評価

景色 :☆☆☆☆
グルメ:☆☆☆
移動 :☆☆

景色は申し分ないです
グルメは、海沿いではないので海鮮の分☆を減らしていますが、大地のグルメもとても美味しいです
移動は、基本車移動になりますが、距離的にもそこまでなので☆2つにしています

観光スポット例

ファーム富田

言わずとしれたラベンダーの聖地!
ラベンダーの時期は6~7月と、旅行は若干行きにくい時期かもしれません
(手持ちの写真は冬しかなくてすみません。。)

かんのファーム

ファーム富田ほどの大きさはありませんが、気軽に花畑を楽しむことができます!
周辺には他にも色々な「ファーム」があるので、ぜひ立ち寄ってみてください!

新富良野プリンスホテル
(ニングルテラス・Soh’s BAR)

プリンスホテルの敷地内に、「北の国から」の脚本家「倉本聰」さんをテーマにした
観光施設がいくつかあります

宿泊客じゃなくても行けますよ!


Soh’s BAR

森の中にひっそりと佇む一軒のBAR

バーカウンターの奥は一面ガラス張りになっており、
その景色と店内の暖かい雰囲気は、旅行を更に印象づけること間違い無いと思います
おすすめはチーズフォンデュで、富良野グルメも味わうことができますよ!


ニングルテラス

倉本聰の作品より、森の知恵者「ニングル」をテーマにしたショップが並ぶエリアです
小さな小屋の中には、手作りの切り絵・彫刻・ロウソクなんかが並んでいます
見て回るだけでも大満足ですが、気付いたら手にとってしまいます(笑)

ジェットコースターの路

北海道らしい、一直線の道路です!
他にも、道内の色々な所にありますが、富良野観光ならここがおすすめです

一番下、道路を下りきったところは「停まれ」なので、くれぐれもスピードには気をつけて、、!
ビックリしますので

青い池

Appleの壁紙以来、指折りの観光スポットになりました
静かそうで観光地化が進んでおり、外国人も多く非常に賑わっています

冬に行く場合は、凍結が危険なので、バスツアー等で参加されることをおすすめします!

しらひげの滝

青い池を生み出す「青い川」、その上流には美しい滝があります
川の横から流れ込む、という作りも珍しいですよね

こちらは青い池ほど人が多くないので、まだ隠れた名所と言えるかな、と思います

四季彩の丘

色とりどりな花畑が印象的な、観光の定番スポットです
園内は広く、じっくり見る場合は時間をしっかり確保しておきたいですね
バギーなどアトラクションを楽しむのもいいと思います!

パッチワークの路

美瑛の丘は、畑がパッチワーク模様になっています
ここがパッチワークの路、というよりは、のんびりとドライブしながら景色を楽しむのがいいかなと思います

ケンとメリーの木

車のCMロケ地になった場所です
美瑛には「○○の木」という有名な木がたくさんありますが、
この木が一番個性的で、観光におすすめかなと思います

マイルドセブンの丘

一直線に並ぶ木々が印象的なこの場所も、美瑛の木々の中ではおすすめです!
実物はこの写真のように、結構遠い場所にあります

木が一直線に並んでいるため、見方によっては塊にみえたり広がって見えたりするのが面白いです

まとめ

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

プラン2 【登別・小樽】温泉と海鮮を満喫プラン

プラン概要

北海道の海鮮と温泉を満喫するプランです
目的地は、北海道が誇る温泉郷「登別」、レトロおしゃれな町並み「小樽」です

プラン1が、空港から東側を攻めるのに対し、こちらは西側を攻めます
同じ北海道旅行でも、先述のプラン1とは全く違う旅になりますよ!

評価

景色 :☆☆☆☆
グルメ:☆☆☆☆☆
移動 :☆☆

景色は、プラン1が雄大な大地なのに対し、こちらは海の絶景がメインです
さらに、ニセコ・羊蹄山といった大地の自然も見れるので、遜色ないかなと思います
グルメは、海の幸が加わったことで☆MAXです
移動はプラン1と同じくらいですね

観光スポット例

プラン1とは異なり、道中のスポットを立ち寄りながら進んでいくイメージです

支笏湖

日本一の透明度を誇り、日本で2番目に深い湖です
新千歳空港からも比較的近く、晴れていれば旅程に入れてもいいかなと思います

また、近くには北海道三大秘湖「オコタンペ湖」があります
近寄ることはできませんが、コバルトブルーに輝く水面が遠目に見えますよ!
合わせて立ち寄りたい場所です

地球岬

「地球が丸く見える、地球岬」と呼ばれ、はるか彼方まで水平線が見渡せる岬です
灯台の位置も写真映えしていいです(笑)

ちなみに、地球岬の本当の語源は、アイヌ語で「断崖」だそうですよ

のぼりべつクマ牧場

ホッキョクグマ並の大きさを誇る「ヒグマ」、北海道では恐れられている存在でもあります

そんなヒグマが多く飼育されており、エサをあげることができます
エサをねだるクマ、とても可愛いのでぜひ見に行ってみてください!

行く前はそこまで期待していませんでしたが、面白かったです(^^)

洞爺湖・昭和新山

サミットで一躍有名となった、洞爺湖周辺エリア

洞爺湖自体は近くでみても「普通の湖だな」で終わってしまいそうな気がしますが、
岩肌から火山ガスがいまなお出ている昭和新山は迫力満点です

昭和新山の近くや、有珠山ロープウェイからの景色おすすめかなと思います

羊蹄山・ニセコ

美しい羊蹄山の麓には、ニセコという一大リゾート地になっています
贅沢な旅行をするなら、ニセコ泊がおすすめです

余市蒸溜所

朝ドラ「マッサン」でも話題となったウイスキー工場、
じっくりと見学できて、ウイスキー好きにはたまりません!

工場でウイスキーの風味を堪能した後は、無料で3種類試飲できるので、
移動手段はしっかり練られておくことをおすすめします(笑)

小樽エリア

運河やメルヘンな町並みが魅力な小樽の街、
歩くだけでも楽しいし、寿司も有名でグルメも楽しめます

宿泊費を安くしたい場合は、ニセコ泊ではなく小樽泊もおすすめです

まとめ

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

 

プラン3 【美瑛・旭川】旭山動物園は外せない!プラン

プラン概要

目的地は、プラン1でご紹介した「美瑛エリア」と、動物園でおなじみ「旭川」です

美瑛と旭川は比較的近いので、プラン1を濃縮して旭山動物園にも手を出すという欲張りプランです(笑)
ただ、「動物園」という大きな目的があると、旅程にメリハリがつくので、個人的には全然アリだなと思っています!

評価

景色 :☆☆☆
グルメ:☆☆
移動 :☆☆
動物園:☆☆☆☆☆

プラン1で富良野の代わりに旭山動物園なので、景色・グルメの☆を減らしました
しかし、動物園がそこをカバーしています!
移動はプラン1と同程度なので☆2つにしています
(むしろ、高速を使いやすいのでプラン1よりも楽かも)

観光スポット例

旭山動物園

動物の自然な生態が見れる展示で有名ですね
筆者はシロクマが活き活きと泳いでいたのが印象的でした!

美瑛エリア

※プラン1のとおり




まとめ

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

 

プラン4 【稚内】最北端にロマンを感じるプラン

プラン概要

北海道の最北端「宗谷岬」を目指すプランです
今までのプランとは雰囲気が違って、また別のロマンがありますよね

新千歳空港→宗谷岬は、約400km・5時間半(Google Map)です
少し遠く感じるかと思いますが、運転に慣れた方なら全然行ける距離です
初心者だけだと少しきついかもしれません。。

また、千歳空港in・稚内空港outというやり方もありますが、
予算面・飛行機の便数といった点から、千歳空港in・outでご紹介します
稚内空港outの場合は、このプランをゆっくり周るというイメージで見て頂ければと思います

評価

景色 :☆☆☆☆☆
グルメ:☆☆☆
移動 :☆☆☆☆☆

景色について、オロロンラインという絶景ロードを通るので評価高いです
右手に北海道の原野、左手に日本海と、絶景の申し子みたいなものです(笑)

観光スポット例

国稀酒造

日本最北の酒造は、ここ「増毛」の街にあります
資料館に試飲と、設備は充実しているそうです

筆者も営業時間外にしか行ったことなく、いつか行ってみたい場所ですね

オロロンライン

稚内へと続く日本海側の道は「オロロンライン」と呼ばれ、
写真のような、左に海、右に草原、といった光景がひたすら続きます
北海道らしくて綺麗で、ドライブには最高です!

この辺りに生息し、オルルーンと鳴く「オロロン鳥」が名前の由来だそうです
一度聞いてみたいですね、、、!

重要文化財 旧花田家番屋

ニシン漁が盛んであったこのエリアには「鰊御殿」と呼ばれる漁師達の家がありました
これは現存する最大の鰊御殿で、重要文化財にもなっています

中も公開されており、道の駅も併設されているので、ドライブの休憩にもおすすめです

グリーンヒルウインドパーク

日本最初の大規模風力発電所です
その説明通り、風車がたくさん立ち並んでいますが、風車は他にも至るところで見ることができます

欅坂46の撮影で使われた場所なので、欅坂ファンは行っておきたいですね
筆者もそのためにダンスを練習してから行きました(汗)

オトンルイ風力発電所

オロロンラインに沿って一列にならぶ風車が印象的です
このように整列した風車は、オロロンラインでここだけだと思います

近くで見ると迫力がまた違うので、ぜひ車を止めて見てみてください!

サロベツ原野

オトンルイ風力発電所辺りで一歩内陸に入ると、手つかずの様な自然が広がっています

「湿原センター」には遊歩道が整備されており、時間があれば立ち寄りたいところです

北防波堤ドーム

稚内港の防波堤として、1936年に建設されました
波の力をしなやかに受け止めることを意識した結果ドーム状となり、
北海道遺産になっている、珍しい形の防波堤です

現在も、稚内港を波から守る、現役の防波堤になっています

ノシャップ岬・寒流水族館

稚内市街地からすぐの岬で、水族館も併設された観光地になっています
天気がよければ利尻島も見れて綺麗ですよ

水族館はそこまで大規模ではないですが、
アザラシショーもあったりと見所はたくさんあるうえ500円なので、コスパいいです!

宗谷岬

北海道の最北端で、北極星の一稜(おそらく☆の上の部分)と、平和と強調をデザインしています

「日本最北端の地」と書いてますが、北方領土を入れると択捉島の方が北にありますね
日本の領土だと主張するのであれば、「日本最北端」と書くべきではない気もしますが、
なぜこのような表記になっているかは、筆者はよくわかりません。。

宗谷丘陵

宗谷岬の反対側には、雄大な宗谷丘陵が広がっています
放牧された牛や野生の鹿と、動物も多く見所たくさんです!

筆者が行った際は、「数日前に熊が出た」とあったので、熊には気をつけてください。。

礼文島・利尻島
(ここに行くと、3泊4日は必要です)


稚内港からフェリーで2,3時間、「花の浮島」と呼ばれる礼文島は写真の通り絶景で、
筆者が最もオススメしたい観光地の1つです!
ただ、フェリーの時間が結構かかるので、全体で3泊4日の旅程にしておきたいです

利尻島は行ったことありませんが、こちらは登山メインの島になっています

まとめ

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

 

プラン5 【札幌・函館】二大都市よくばりプラン

プラン概要

札幌と函館、この2都市、想像より遠いと思われるでしょう!
片道300km、4時間(Google Map)もかかります!!

そのため、どっちも行くのは難しいとよく言われますが、
このプランでは、全然掛け持ち可能です!

札幌→小樽→函館といって、このプランだけ函館空港outとなります

プラン4では新千歳空港まで戻ってくるプランにしましたが、次の理由からプラン5は片道プランにしています

  • 稚内空港より函館空港の方が充実、新幹線も利用可
  • 函館までの道中はそこまで見どころがない
  • 函館は夜過ごしたいので、夜を移動時間に宛てにくい

評価

景色 :☆☆☆
グルメ:☆☆☆☆☆
移動 :☆☆☆

景色は、小樽・ニセコ経由のことと、函館山の夜景が魅力的です
ただ、道中は高速道路が多く、他のプランよりは景色で劣るかもしれません
グルメは、小樽・函館と海鮮が有名な町が魅力です!
函館はB級グルメも多く、色々と楽しめると思います
移動は、2日目の夜には函館に着きたいので、少し慌ただしく感じられるかもしれません

観光スポット例

札幌エリア

札幌も観光地はたくさんありますが、メインは「赤レンガ道庁」「時計台」かなと思います
どちらも札幌の中心にあるので、そこまで時間はかかりません

できれば「サッポロビール園」のジンギスカンもおすすめしたいですが、
このプランだと少し厳しいかもしれません。。

小樽エリア

羊蹄山・ニセコ

大沼公園

自然豊かな大沼国定公園、遠くには鋭く尖った「駒ヶ岳」が望めます
札幌方面から来ると、大沼公園で一度高速道路がなくなります

名物の「大沼だんご」を食べながら、湖畔で一息つくのもいいですよ!

五稜郭

幕末、開港した「箱館」を守るために作られた城郭です
このようは星形要塞は海外にもいくつかありますが、数は少なく、貴重なものだと思います

中を歩くこともできますし、五稜郭タワーからは写真のように上から見ることもできます

函館山

日本三大夜景の1つ、海と海に挟まれた函館の街は地形的にも珍しい場所です
日没後~真っ暗になる前が、夜景が一番綺麗な時間なので、できれば夕方には函館に着いておきたいです

摩周丸

かつて青森・函館を結んでいた「青函連絡船」です
操舵室や無線室など見学でき、好きな人にはたまらないです!

函館朝市

函館の朝はここで決まりです!色々なお店があって活気もあります!

北海道らしく、いくら・サーモン・毛ガニ・ウニは食べておきたいですね
特にウニは、嫌いだった人でも美味しいと思われるかなと思います

まとめ

このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

 

まとめ

今回は、北海道の2泊3日モデルプランをご紹介しました

もちろん、この他にも旅程の組み方は無限大です!!
それが、北海道の魅力なので(^^)

ぜひ、この記事も参考にしていただき、色々なプランを検討されてみてください!

また、このモデルプランを見て、いいな!等思われた方、
無料旅行プラン作成」もしていますので、ぜひご覧ください!

404 NOT FOUND | 人生を謳歌 人生を歌おうか

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました