【旅行記】超弾丸!大阪→高知 0泊2日旅行 前編

旅行記

今回は、弾丸高知旅行に行ったときのことをご紹介します!

高知は遠いようで近いようで遠い、、そんな存在です(笑)

スポンサーリンク

旅の概要

日時:2018年7月(0泊2日)
予算:10,000程度(レンタカー:4,000円 + 高速:5,600円)(少し曖昧です、、)
天気:晴れ
人数:2人
移動手段:レンタカー
旅のテーマ:夏を感じる弾丸旅行

スポンサーリンク

金曜の夜、仕事を切り上げる

出発は金曜日の夜
筆者は普通のサラリーマンなので、定時まで仕事がありました

ただ、この日は残業は早めに切り上げて、レンタカー屋へと足を急ぎます
途中で謎の勧誘にひっかかりながらも、会社近くのレンタカー屋で車をレンタル
友人と合流し、華の金曜日が幕開けします

スポンサーリンク

早速寄り道

「腹減った・・・」
「風呂はいりてえ・・・」

誰しもこうなりますよね(笑)
とりあえずサイゼリヤでごはん、スーパー銭湯でひと風呂浴びます
大阪を出発する頃は、23時をまわっていました(汗)

スポンサーリンク

いざ、西へ

23時をまわるころ、ようやく高速に乗って西を目指します

大阪→高知へは大きく2つのルートがあります

  • 大阪→淡路島→徳島→高知
  • 大阪→岡山→坂出→高知

距離・所要時間ともにほぼ変わりませんが、後者の方が圧倒的に安いです
ETC価格では、前者が7,300円、後者が5,600円くらいと、1,700円も違います
理由は、前者が大きな橋を2回渡るのに対して、後者は1回で済むからだと思います

貧乏旅行の筆者らは、迷うことなく後者を選択(笑)
まずは瀬戸大橋へと向かいます

スポンサーリンク

瀬戸内海の真ん中、与島PAにて夜を明かす


深夜の瀬戸大橋は、写真に映らないほど真っ暗です

道中、仕事や会社の愚痴なんかに花を咲かせつつ、時刻は1時をまわるころ
車は瀬戸大橋を渡っていました

さすがに眠いということで、本日の宿は与島PA
もちろん、車中泊です(笑)

夜のPAは人の気配も少なく、橋と星の明かりが美しい場所でした
着いてしばらくは、展望台で寝転んで星を見たりしましたが、しばらくして車で眠りにつきました

車中泊とは?

車の中で宿泊すること、それが車中泊ですが、
人によって向き不向きがあると思います

今回は、普通の自動車(5人乗り)だったので、
前の座席をどちらもフルリクライニングして、椅子の上に寝ました
フルでリクライニングすると、ほぼ平らな状態になりますよ

また、季節が夏だったので寒さの心配はありませんでした
寒いときに車中泊する場合は、毛布やダウンなど、暖を取れるものを用意しとくほうがよいです!

スポンサーリンク

日の出とともに出発

朝日が登る頃、つかの間の休息を終えて高知へ向けて再出発します
この日の青空は美しく、雲ひとつありませんでした!
これから向かう高知の絶景にも期待がもてます

実は、今回筆者は運転していません・・・!
全部友人が運転してくれました(ありがたい・・・)

このとき一瞬目が覚めましたが、すぐに瞼の裏を眺めはじめました。。

スポンサーリンク

1つ目の目的地「桂浜」

次に目が覚めたのは、桂浜について頃
すっかり寝てしまってました・・・

高知通の友人的には、日の出前に桂浜に着きたかったそうですが、
午前7:30には着きました

一瞬目が覚めたときと変わらず、空は青く澄み渡っています
そしてまず出迎えてくれたのはこの坂本龍馬像です

桂浜と龍馬像

ここ桂浜は、坂本龍馬で有名ですよね
この銅像は、地元の有志によって、昭和3年(1928年)に建立されたそうです
その後、日本は戦争になり金属類回収令であらゆる金属は回収されてしまいます
ただ、龍馬は海軍創設に関わっている人物なので、その後も桂浜に居続けられたそうです

こうして出来上がった龍馬像ですが、日本最大の銅像とも呼ばれています
それがなぜ、この桂浜の地に建立されたのか、それはよくわかっていません
龍馬史上、桂浜が関係することは無いそうです

ただ、日本におさまらず世界へ目を向けていた龍馬なので、
高台から海の向こうへ目を向けるこの像は、いかにも龍馬らしいものだなと思いました

桂浜で遊ぶ

龍馬像を後にして階段を降りると、目の前には太平洋が広がります

桂浜は潮流がはやいため、遊泳禁止になっています
それも納得いくほどの大きな波が、絶えず砂浜を襲います
普段瀬戸内海しか見ない筆者からすると、海のもつ巨大なエネルギーに驚かされますね
航空写真を見る限り、波を抑える工夫が見られなかったので、太平洋のエネルギーが直に桂浜に来ていると考えられそうです

でもこの波、ずっと見ていられるような気がします
母なる海、そんな海の魅力に吸い込まれていきました

スポンサーリンク

朝ごはんの時間

時刻は午前8時をまわり、桂浜で波を眺める時間ももう終わり
お腹をすかせた一行は、友人おすすめの讃岐うどん屋「三里うどん本舗」へ

このうどん屋さん、友人オススメでこのために高知へ行く程だそうです
調べた所、もともとは香川県丸亀市の「こうめ」という人気店が、高知に移住してきたみたいです
メディアにも取り上げられる程の人気店だったそうですよ
「高知の人にも本場香川の本当に美味しいうどんを知ってほしい」という思いもあって、高知で讃岐うどんを振る舞うことにしたそうです

店構え

店構えは木造で、「夏休み、田舎のおじいちゃんの家にいった」みたいな感じでした
7月で外は暑く冷房も効いていないのに、そよ風と扇風機、風鈴だけで心地よかったです
そんな、どこか懐かしさもある空間、まずこの空間が気に入りました

うどんを注文

筆者は釜玉うどんを注文
注文してから作ってくれるので、時間は多少かかります

これぞ、ザ・シンプルな釜玉うどんって感じですね!
うどんと卵が別々でご登場です!

まだ麺が暖かいうちに卵をのせます
そこから、麺の暖かさで白身に熱をいれつつ、よーく混ぜていきます

麺は丸亀製麺のように太くはなく、むしろ細めに思います
ただ、モチモチとした食感はコシがあり、
麺自体の塩分が少し高めかなーとは思いましたが、とても美味しかったですよ!

関連ランキング:うどん | 葛島橋東詰駅

 

食後、次の目的地へ向けてまた出発します
まだまだ旅は終わりません・・・!

中編に続く

【旅行記】超弾丸!大阪→高知 0泊2日旅行 中編
超弾丸、高知旅行の中編です 前編はこちらからごらんください(^^) 旅の概要 日時:2018年7月(0泊2日) 予算:10,000程度(レンタカー:4,000円 + 高速:5,600円)(少し曖昧です、、) 天気:晴れ...

後編はこちら

【旅行記】超弾丸!大阪→高知 0泊2日旅行 後編
超弾丸、高知旅行の中編です 前編・中編はこちらからご覧ください(^^) 旅の概要 日時:2018年7月(0泊2日) 予算:10,000程度(レンタカー:4,000円 + 高速:5,600円)(少し曖昧です、、) ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました