【鉄道歴史】歴史あふるる桜島線を歩いてみた!

【鉄道歴史】歴史あふるる桜島線を歩いてみた!鉄道

今回は、大阪のJR桜島線、その沿線を歩いて来ました!

スポンサーリンク

桜島線とは

「JRゆめ咲線」という名前なら聞いたことあるでしょうか?

もしくは、「西成線」など、、(笑)

大阪駅から大阪環状線で3駅、「西九条駅」から分岐し、
ユニバーサルシティ、桜島駅方面へ向かう路線です

西九条・安治川口・ユニバーサルシティ・桜島
の4駅のみの、比較的短い路線ですね

スポンサーリンク

歴史

桜島線は細かくみていくと、駅ができたり廃止されたり移転されたりと、非常にややこしい路線です
ですので今回は、ざくっと概要だけ紹介しています

西成線時代

1898年(M31)「西成鉄道」が大阪~安治川口間の鉄道を開業させたところまでさかのぼります

沿線にある工場への貨物輸送、通勤輸送という役割が大きい路線です

この頃は、現在のような環状運転ができる状態ではなく、

大阪鉄道:天王寺~京橋~大阪
西成鉄道:大阪~西九条~桜島

といった範囲の開業にとどまり、直通運転もまだされていませんでした

その後、1906年(M39)の鉄道国有法を経て両者は国有化されたのち、
大阪鉄道→城東線、西成鉄道→西成線 へと名称が変わります

さらに、1934年に大阪駅が高架化され、1943年に直通運転が開始されています

大阪環状線の運転開始

1961年(S36)、西九条~天王寺が開業し、大阪環状線が全線開業します
意外と歴史が浅いな~と思わされますね

この時点でようやく、大阪環状線から分岐する形で、
西九条~桜島が「桜島線」という名称がつけられました

桜島線になってからは、ユニバーサルシティ駅が開業したこともあり、
貨物輸送に加えて、USJへの輸送の役割も大きいですね

スポンサーリンク

沿線を散歩!

今回は、会社が終わった後なので時間が少し遅くなってしまいました

ですので、西九条を出発してしばらくの「六軒屋川橋りょう」から安治川口駅まで、となります

六軒屋川橋りょう

西九条を出発すると、桜島線は勾配を一気に下っていきます

JR西日本で一番の急勾配らしいのですが、両側を環状線の線路に囲まれており、よく見ることはできません

まず着いたのは六軒屋川橋りょう、桜島線内で一番大きい河川橋りょうです

この橋りょう、少し橋脚が特徴的です
コンクリートの上に、メタルの橋脚が乗っていますね

なぜこのようになっているのかはわかりません、、
ただ、メタルが川底まであると錆びてしまうので、川の中はコンクリートになっていると思われます
(なら、全部コンクリートでいいのでは?と思ってしまいますが。。)

筆者の知る限り、このような構造は他に知りません

【鉄道歴史】歴史あふるる桜島線を歩いてみた!

道路沿いには金網があり電車は撮影し辛いですが、
レンズを網に押し付けたらなんとか撮れました(笑)

夕方は夕日がとても綺麗な場所ですが、少し遅かったようです。。

ちなみに、こちらは過去の写真ですが、
このように隣の橋から側面重視で撮ることもできます

今はなき、USJラッピングの201系?です

大正時代の架道橋

写真からは見えにくいですが、西貫島架道橋 しゅん功 大正1年4月とあります

大正元年という表記じゃないのかな?
大正元年は7月30日からでは?
・・・と気になる点がいくつかありますが(笑)、

この年に、安治川口までが複線化されたようですね
なので、その時に作られた構造物と思われます

安治川口以降は、ルート変遷が色々とありますが、
この辺は昔からルートが変わっていないはずです

ですが、六軒屋川橋りょうも含め、単線×2ではなく複線構造物として作られている様にみえるのが気になりますね

もう1本線があったのか、列車の運行をとめて構造物を作り直したのか、、?

都心に残る踏切

踏切というのは、線路を渡るための便利なものである一方、
接触事故や交通渋滞を引き起こしやすいです

そのため、原則、現在は踏切の新設はできず、連続立体交差事業等でなくしていく方向に動いています

山手線では1つ、大阪環状線では全廃されているはずです

一方桜島線には、まだいくつか踏切が残っています

わかりやすいけど、あまりにも直接的なネーミングですね(笑)

ただ、この辺には墓地はなさそうな気もしますが、、

こちらは、工場関係者以外は渡れない踏切

黄色い看板に、無断立ち入り禁止と謳われており、
住友化学 大阪工場に関係ない人は入れないようになっています

工場と密接に関わりのある桜島線ならではの構造物ですね!

踏切の反対側も、このように住友化学の入口になっています

ちょうどこのエリアに「住友ロジスティクス」という住友の物流会社も入っており、
モーダルシフト推進と、サイトで謳われていました
貨物輸送で、安治川口駅と密接な関係にあることが伺えますね

夜の安治川口駅

今回も目的地「安治川口駅」に着きました

写真左側に、広大な貨物用地を持ちますが、旅客駅は1面2線のシンプルな駅です

夜のため暗いですが、貨物用地にはかなりたくさんお線路があることがわかります

奥には海遊館横の観覧車も見えていい景色ですね

 

少し撮影します

撮影した踏切付近では、昔鉄道用地であっただろう緑地が整備されていました

線路沿いの細長い土地は、怪しい匂いがかなりしますね(笑)

電車がいない状態の駅

電車とともに、ビル群はユニバーサルシティのホテル達です

夕刻の空は綺麗でいいですね

スポンサーリンク

まとめ

今回は、桜島線の沿線をご紹介しました!

沿線紹介シリーズもいくつかありますが、何気なく乗る路線も、
よく見るとたくさん見どころがありますね!

ぜひ、参考にして、色々な沿線散策してみてください(^^)

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました