【廃止?延伸?】信楽高原鐵道を解説

【廃止?延伸?】信楽高原鐵道を解説鉄道

信楽高原鐵道は、滋賀県内の貴生川駅~信楽駅を結ぶ鉄道です

貴生川駅ではJR線と接続し、草津・京都方面へと繋がります
沿線には、信楽・紫香楽宮跡等、観光地が点在していますよ!

こちらの記事で紹介しています

【スカーレット・新京】朝ドラの舞台「信楽」の魅力を紹介!
【スカーレット】朝ドラ舞台は昔の新京!「信楽」おすすめ観光スポットを紹介
信楽焼で有名な信楽 2019年秋の朝ドラ「スカーレット」の舞台にもなりました そんな信楽の観光スポットについて、今回はご紹介します 信楽の魅力 「信楽」 名前は知っているけど、観光で行こう!と思ったことは少ないのではな...
スポンサーリンク

歴史

開業と戦争

1933年(昭和8年)に全線開業しました
もともとは国鉄線です
戦時中は「不急不要線」として休止されていましたが、その後復活しています

不急不要線による休止とは、
政府の命令で線路を撤去されたもので、軍事に必要な線等に資材転用されたものです
実質廃止みたいなもので、そのまま廃止になった線も多くあります

戦後、地元の有志により、
信楽の陶器を輸送する目的もあり、復活に至りました

災害・事故

1954年・2013年に豪雨災害で橋梁が流されています
また、1991年には、正面衝突する大事故が発生し42名が亡くなりました

第三セクター化

1987年、国鉄からJRになってすぐ、第三セクターに以降されました
これにより、列車の本数が増加しています

今後

乗りものニュース

びわこ京阪奈線」という構想があり、既存路線と合わせて

  • 米原~貴生川:近江鉄道
  • 貴生川~信楽:信楽高原鐵道
  • 信楽~京田辺:新設
  • 京田辺~大阪:JR学研都市線

という、ネットワークを構想中です

大阪湾エリアへの通勤、東海道線のバイパス、などの役割を期待されていますが、
筆者は、実現へ向けての動きには乏しい印象を感じています

沿線

貴生川~紫香楽宮跡


パット見でわかるくらい勾配がきついです

この1駅間で、路線の大半を占めています
急勾配・急カーブの連続で、よくこんな所に線路が残っているな、と思います(笑)

小野谷信号場

信号場とは、駅のように乗降りはできないが、列車がすれ違うことができる施設です
駅間の広い場所に設置されることが多いですね

1991年の「世界陶芸祭セラミックワールドしがらき’91」開催に向けて設置されましたが、
その年に起きた正面衝突事故後は使われておらず、1年も使用されませんでした

現在も面影はありますが、写真のとおり線路は繋がっていません

信号には「×」が表示されています

雲井駅

雲井駅は開業当初からある駅の1つで、探すと色々特徴が見つかる面白い駅です

開業当初からある駅:貴生川・雲井・信楽

駅舎

開業以来の駅舎と木が残っています
昔ながらの可愛らしい駅ですね

昔のホーム

貴生川側の先端には、昔のホームの名残が残っています
現在のホームと比べて高さが低いのが特徴です

不自然なカーブ

信楽側の先端に行くと、線路が不自然に曲がっているのを確認できます
これは、昔あったポイントの名残だと思われます

絶対にたどり着けない神社

上記ポイントから少し左を見ると、奥の方になにかの入り口が見えるかと思います
これは「稲荷神社」らしいのですが、踏切もなく、たどり着くことができません。。

田舎では、線路を日常的に横断する習慣がある所もあるそうなので、
他に道があるというよりは、線路を横断して参拝に行くのかな?と思っています

トイレ

トイレも最近まで古いまま残っていたようですが、
現在は新しくなっており、洗面台は信楽焼のオシャレなものになっています

左が駅舎、右がトイレです
駅舎に比べてトイレが立派すぎます(笑)

信楽焼きの洗面台

たぬきのお出迎え

各駅で、信楽名物のたぬきが出迎えてくれます♪

第一大戸川橋梁

勅旨駅~玉桂寺前駅にある、日本初の本格的なPC鉄道橋(プレストレストコンクリート橋)です
豪雨災害で流された橋梁の架替のために、1954年に作られたものです

フランス人技師「セルジュ・コバニコ」の設計をもとに、日本人技師が設計しました

本当に日本初?

他にも日本初のPC橋、という場所を見かけたことがあるので調べてみました
結論から言うと、鉄道橋では日本初ということだと考えられます

石川県 長生橋

「PC橋 日本初」なんかで調べるとでてきます
1952年完成と第一大戸川橋梁より古いです

ただ、こちらはプレテンション方式のため、
第一大戸川橋梁のポストテンション方式とは異なっています

福井県 十郷橋

こちらは1953年完成のポストテンション方式の橋梁です
なので、完全にこちらの方が古いと思われます

ちなみにこちらは、先程のフランス人技師「セルジュ・コバニコ」が設計したものです

桁の薄さ

スパン長に対し、桁高が小さい、薄っぺらい構造が特徴です
これは、次の理由によります

・桁高を下方向に高くする:河川断面が小さくなってしまう
・桁高を上方向に高くする:橋梁前後の土工量が増える

コンクリート製ロッカー沓

桁を支える支承には、この独特な構造が採用されています
安価かつ欧米で使用実績が多かったための様ですが、他ではあまり見かけないかなと思っています

詳しくはこちらもどうぞ

https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj/51/2/51_150/_pdf/-char/ja

まとめ

今回は信楽高原鐵道について、ご紹介してきました!
短い路線ですが、魅力がたっぷり詰まった路線だと思います

ほかにも沿線には、いろいろな観光地が点在していますよ!

・たぬきで有名な「信楽焼
・美しい渓谷の流れ「鶏鳴の滝
・かつての都の遺跡「紫香楽宮跡

こちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください!

【スカーレット・新京】朝ドラの舞台「信楽」の魅力を紹介!
【スカーレット】朝ドラ舞台は昔の新京!「信楽」おすすめ観光スポットを紹介
信楽焼で有名な信楽 2019年秋の朝ドラ「スカーレット」の舞台にもなりました そんな信楽の観光スポットについて、今回はご紹介します 信楽の魅力 「信楽」 名前は知っているけど、観光で行こう!と思ったことは少ないのではな...

また、鉄道に関する記事も、こちらでまとめています!

鉄道写真の記事まとめ
鉄道写真の記事まとめ
本サイトにて公開している「鉄道写真記事」についてまとめています 形式別 113系・115系 広島地区で活躍していた113系・115系について、 カラーリング別で写真を公開しています 103系 最後まで残った戸袋窓...

最後までご覧いただきありがとうございました!

鉄道コム

コメント

  1. SIGA PREFECTURE より:

    信号には「×」が表示されています

    → この「信号」の「×」が点燈している際は、『進行・停止』等を示す「信号」が機能していない事を現示しているのではなく、その傍の踏切が『遮断』されている事を示しているのではありませんか…?

  2. コメントありがとうございます。そのとおりでした。
    ご指摘ありがとうございます。

    「信号の使用停止とともに×印がつけられた」という内容を聞いたことがあったため、それと勘違いしておりました。

タイトルとURLをコピーしました