【取り残された路線】南海高野線(汐見橋線)を全線踏破!!

あと写真【取り残された路線】南海高野線(汐見橋線)を解説鉄道

南海汐見橋線は、「汐見橋駅」~「岸里玉出駅」を結ぶ、短い路線です

全線大阪市内ですが、その様子から「都会のローカル線」と言われます

・開業経緯
・栄枯盛衰と未来予想図
・沿線踏破

について、南海汐見橋線をご紹介していきます!

スポンサーリンク

歴史

2つの鉄道

1898年(明治31年)、現在の南海本線にあたる「阪堺鉄道・南海鉄道(後に合併)」は存在しており、
高野線にあたる「高野鉄道」という会社が設立されました

南海鉄道:難波~堺・泉佐野
高野鉄道:堺東~狭山(大阪市内まで来ていない)

高野鉄道の野心

大阪都心方面へと延伸したかった高野鉄道ですが、
南海鉄道と重複してしまう点から、難波延伸は許可が降りませんでした

そのため、堺東から汐見橋へと延伸することとし、1900年、現在の汐見橋線の区間ができました

2つの鉄道の合併

その後、1922年に高野鉄道(当時は大阪高野鉄道)は南海鉄道と合併し、
3年後、難波への乗り入れが開始されました

現在と近い運行形態です

貨物線の廃止

1971年、汐見橋線で運行されてきた貨物線が廃止されます
・・・実は貨物線が運転されていたのですね

目的は、「高野山の樹木を、水運の拠点「木津川駅」へ運ぶこと

この目的のため、次のことが行われてきたと考えられます

・汐見橋線の複線化
・堺東から、木津川・汐見橋方面への延伸

栄華を誇るか?

・貨物線の廃止
・難波駅へターミナルが変化

汐見橋線は困難に直面しますが、
「なにわ筋線の一部」として再度脚光を浴びます

なにわ筋線とは、新大阪~北梅田~難波を、地下で結ぶ新線計画のことです

新しい時代へ

しかし、待ち受けていたのはまたもや苦しい現実

・なにわ筋線着工の遅延
・難波駅発着のほうが黒字化できる

なにわ筋線の汐見橋ルートは完全消滅しました、、

汐見橋線は今後どのようになっていくのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

沿線

汐見橋駅


起点「汐見橋駅」、ローカルな見た目ですが立地は大阪の中心です
すぐ横の阪神「桜川駅」とは、見た目のギャップがすごいですね


阪神の方は、2009年に開業した新しい駅です
奥に「汐見橋駅」が見えます

中は、アーチ状の構造で、広々とした空間が演出されています
かつてはもっと賑わってたんだろうな、ということを彷彿しますね

2両編成の列車と、閑散としたホーム

たまたま人がいないわけではなく、乗客は筆者1人でした

汐見橋・桜川周辺

左の倉庫の奥に、線路が走っています

大阪における商業と工業地域の境界にあり、すぐ南から薄紫色の「準工業地域」に属します
大きな工場は建てれませんが、倉庫等と住宅・商業が共存するエリアです


出典:大阪市

汐見橋駅のある「紫色:準工業地域」で、その少し北が「赤色:商業地域」です
まさに、都会のちょっと端っこ、といった感じでしょうか

大阪環状線との交差


下:汐見橋線を、上:環状線が、所狭しと超えていきます

続いて、「芦原町駅」付近では、大阪環状線の下を走ります
大阪環状線のこの区間は、元々は「大阪臨港線」として1928年に開業した区間です

1900年に開業した汐見橋線の方が長い歴史がありますね

車内から見た様子、かなり狭い門に感じますね

芦原町~木津川

沿線で最も閑散しているのは、木津川駅前後ではないでしょうか?

「歴史」で紹介したように、元々は貨物駅として栄えていたそうですが、
現在は「都会の秘境駅」の異名を持つ駅になっています


駅の写真より、駅前の閑散具合が、衝撃的じゃないですか!?

貨物駅があったため、構内はとても広いです
もっとも、こんなに設備は必要ではないのでしょうが、、

また、「木津川駅周辺の治安」について、各所で記事を見かけたのですが、
個人的にはそこまでな印象でした(というか人が少ない)

空き家や、雑草が生い茂る公園などは、歩いてて気になった点です

津守駅

西成高校・西成公園の最寄り駅として、汐見橋線は最も利用客の多い駅です
高校・公園はもともと工場跡地で、以前は工場最寄り駅としても大変賑わっていたそうです


高校の目の前には、昔供用されていた階段?がありました

駅の反対側には1kmも続く商店街がありますが、お店は減少傾向の様です
商店街の反対側の出口は、地下鉄「花園駅」で、どちらもターミナルではありませんね

地元の方中心の、昔ながらの商店街と思います

それにしても、関西は商店街が多いですよね

賑わいのある「西天下茶屋駅」

駅前に昔ながらの商店街が広がる「西天下茶屋駅」です

航空写真でもわかりますが、住宅やお店が密集したエリアで、
木津川・津守駅とはまた大きく印象が変わります

昼前からホルモンを焼くいい匂いが漂っていました(笑)

駅から南方面へと広がる商店街、こちらもかなり大規模でした
また、津守駅周辺より、賑わいが感じられました

合流に向けてラストスパート


国道とひたすら並走しています

西天下茶屋駅を出ると、府道41号線(なにわ筋)と並走し、一気に高架へ上がります
この区間のなにわ筋は2010年開業、2013年4車線化された区間で、綺麗に鉄道と並走させていますね

ちなみに裏はこんな感じ、擁壁むき出しって珍しいですね

道路は国道26号線(御堂筋)、鉄道は南海本線と、岸里エリアでともに大動脈と合流します

終点「岸里玉出駅」


左側を走る南海本線と合流します

こうして、ようやく岸里玉出駅へと到着します


左:高野線、中央:本線、右:汐見橋線

駅構内はがらんどうとして広く、本線・高野線・汐見橋線がそれぞれ散り散りになっています
汐見橋線と本線は繋がっていますが、直通列車は特に設定されていません

本線へと分岐器で繋がっています
横を、長編成の特急サザンが通過しており、路線の格差を感じますね

スポンサーリンク

まとめ

・開業経緯
・栄枯盛衰と未来予想図
・沿線踏破

南海汐見橋線について、ご紹介してきました

都会のローカル線、いつ廃止になるのか、はたまた大繁栄を誇るようになるのか、、
現在の姿、ぜひ見に行ってみてください(^^)

鉄道に関する記事は、こちらでまとめています!

鉄道写真の記事まとめ
鉄道写真の記事まとめ
本サイトにて公開している「鉄道写真記事」についてまとめています 形式別 113系・115系 広島地区で活躍していた113系・115系について、 カラーリング別で写真を公開しています 103系 最後まで残った戸袋窓…

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました