【鉄道写真】鉄道+風景の撮り方を、作例付で紹介!(山編)

【鉄道写真】鉄道+風景の撮り方を、作例で紹介!(山編)写真

鉄道写真にも色々と種類がありますね

  • 編成写真
  • 風景写真
  • ゆる鉄

などなどありますが、今回は風景写真の撮り方をシチュエーション別にご紹介します!
作例もたくさん用意したので、ぜひご覧ください

編成写真については、こちらの記事もどうぞ!

【鉄道写真】編成写真の撮り方を比較
今回は鉄道写真についてです ひとえに鉄道写真といっても色々ありますが、今回はオーソドックスな編成写真について書いていきます オーソドックスな編成写真について、今回は「複線区間で対向列車を撮影した場合」という縛りにします 最適な画角...
スポンサーリンク

有名な山と鉄道

山が多い我が国、地域ごとに象徴的な山があります
そのため山と絡めると、よりその地域色を出せると思います

ポイント

・山頂の上、鉄道の下は、一定の余白を確保する
・山頂と鉄道の位置は、左右でバランスをとる
・周辺の風景の映え具合をチェック

これだけだとよくわからないと思います
実際に作例を見ていきましょう

作例 ①

特急「ゆふいんの森」と「由布岳」です

ポイント

・上下に余白あり(上を広めに)
・鉄道は左、山頂は右
・周辺の風景は平凡

上下は、上を広くすることで安定感・開放感が演出できると考えます

左右バランスでは、鉄道をやや左(進行方向)よりに寄せています
これにより、鉄道の動きを少し演出できると考えます

周辺の風景は、手前右の畑が何も植えられておらず、その奥も平凡な景色です
そのため、全体的にスカスカな印象になってしまっています

改善点

・更に「鉄道と山」に絞ったフレーミング

「写真は引き算」という言葉があるように、周辺の景色が写りにくいフレーミングの方がよいですね
具体的には、もう少し低い位置から望遠気味で撮る、ことがいいかなと思います

(現場は跨線橋なので、実際は高さ調整は難しいのですが。。)

作例②

【鉄道写真】鉄道+風景の撮り方を、作例で紹介!(山編)

函館本線の普通列車と「羊蹄山」です

ポイント

・上下に余白あり(上を広めに)
・鉄道は右、山頂は左
・周辺の風景は森

個人的には納得の1枚です
有名撮影地なだけに、いい場所ですね(笑)

こちらも上下・左右バランスは先述のとおり整えています

周辺の景色が森ということで、スカスカ感は少ないかなと思います
山麓まで森が広がっており、無駄が少ない構図で撮れました

改善点

・空の濃さと雲の位置

空が白っぽく、雲も、特に山頂付近に多いです

もう少しだけ爽やかな青空と、せめて山頂付近は雲が無ければ、
更に綺麗に仕上がったのかな、と思いました

作例③

特急「北斗」と「有珠山」です

ポイント

・上下に余白あり(上を広めに)
・鉄道は編成ごと左に集約、山頂は右
・周辺の風景はカット

普通に編成写真を撮っても、背景に有珠山は写り込みます
しかし左右バランスから、列車は編成ごと左に寄せて撮影しました
若干中央寄りですが、背後の電柱も隠れて、いいくらいのバランスではないでしょうか?

作例①②と比較すると目線が低いため、鉄道と山しかほとんど写っていません
作例①の改善点を克服したようなイメージです

改善点

この様な構図、あまり見かけないし筆者も初めて撮りました
バランスが取れるか不安でしたが、なんとか整ったかな、と思います

ここで撮れるベストは尽くせたかなと思っています

まとめ

今回は、山と列車、の風景写真を紹介してきました

地域の象徴、名山

地域色を活かすには適した手法だと思います

ぜひ挑戦してみてください!

鉄道に関する他記事はこちら

鉄道写真の記事まとめ
鉄道写真の記事まとめ
本サイトにて公開している「鉄道写真記事」についてまとめています 形式別 113系・115系 広島地区で活躍していた113系・115系について、 カラーリング別で写真を公開しています 103系 最後まで残った戸袋窓...

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました