【鉄道写真】JR西日本の113系・115系

写真

今回は鉄道写真の中から、JR西日本管内の113系・115系をご紹介します

113系と115系は、基本的な部品は共通化されていますが、前者が平坦地向けに対し、後者は山間部・寒冷地・急勾配路線向けになっています
JR西日本の広島支社管内では、急勾配のため113系では対応できない区間もあり、多くは115系での運用となっていました
現在はすべて227系での運用です

今回は、筆者が撮影した113系・115系を、その豊富なカラーバリエーションを通じてご紹介します

スポンサーリンク

湘南色

オレンジと緑の塗装の湘南色の電車、東京近郊では新型車両にもこの塗装が採用されていますね
東京から湘南方面へ向かう列車の色がそうであったことから「湘南色」と呼ばれるようになりました
国鉄時代、車両の転配属等も考慮して、標準的な塗装として全国に広まったと言われています

広島地区では4両編成が基本で、ラッシュ時には8両編成に増結していました
そのため、4両ずつ違う色になっているケースが多々ありました
(その昔は、4両の中でも色が異なることもありました)

広島地区で活躍した湘南色は113系であったため、広島近郊の呉線・可部線で主に見られました

瀬戸内色

広島支社の115系のうち、体質改善工事を受けていない車両に用いられていた車両で、その昔はほぼ全車がこの色になりました

湘南色ほどパンチの効いた色ではありませんが、この素朴さが風景に溶け込んでいい味が出ていましたね
特に2枚めのような、淡い色の背景とよく合っているように思います

関西更新色

通称「カフェオレ」と呼ばれるこの色は、薄茶色をベースに茶と青が塗られています
湘南色・瀬戸内色と比較すると、少し近代感がありますよね

広島には、岡山所属の車両がたまに来ていたくらいで、あまり見ることはありませんでした

広島更新色

こちらは広島で多く見られた色です
先程の関西更新色と比較すると、ベースの色が白い点が異なります

湘南色・瀬戸内色ほど、自然の背景とは馴染みませんが、
飽きるほど見たので愛着が湧いてきた色です(笑)

濃黄色

2009年にJR西日本が実施した、地域統一色の1つで、「瀬戸内地方の豊かな海に反射する陽光をイメージ」しています
実際、鉄道ファンからの人気はなく真黄色なことから「末期色」と言われていました

筆者もあまり好きな色ではなく、あまり撮影していません

その他の色

北近畿地区統一色

先程の末期色と同様で、京都周辺ではこの色が施され現在でも走行しています
末期色よりは自然と調和しており、筆者はそこまで嫌いではありません

広島快速色

「N編成」と呼ばれる2扉車用の塗装です
その昔はたくさんいた色ですが、次々と広島更新色へとなっていきました

カラフルな反面、グレーを貴重にしているので、JR西日本らしい「新しさ」を強調したそうな塗装だなと思いますが、
改めて見ると、どことなくレトロな感じがありますね

福知山色

福知山線用のこの塗装ですが、広島地区でも活躍していたことがあります
ベースは瀬戸内色に近いですが、帯の色が違いますね
現在もある「北近畿地区統一色」の緑色に近い色が用いられています

まとめ

今回は、カラーバリエーションごとに113系・115系をご紹介しました
同じ車両でも、色が違うことで印象が全然違いますね
カラーバリエーション豊富な時代に撮影できてよかったなと、改めて思いました

他にもまだまだ写真はあるので、またご紹介します

鉄道に関する記事はこちらもどうぞ!

鉄道写真の記事まとめ
鉄道写真の記事まとめ
本サイトにて公開している「鉄道写真記事」についてまとめています 形式別 113系・115系 広島地区で活躍していた113系・115系について、 カラーリング別で写真を公開しています 103系 最後まで残った戸袋窓...

最後までご覧いただきありがとうございました!
鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました