【マシマシで解説】大阪の二郎系ラーメン5選!

【ラーメン】大阪北摂の二郎系ラーメン5選!外食

大阪・北摂は、「二郎系ラーメン」の聖地

今回は二郎系ラーメンの解説と、北摂のお店を紹介します

・筆者の注文ルール
・お店紹介
・食べ方解説
・撮り方解説
スポンサーリンク

注文時のルール

注文時のコール、初心者には呪文の様に聞こえますよね
(筆者も最初はそうでした・・・)

大体次のように注文しています

・麺は200g~300g(小 or 中)
・ニンニク無し or 少なめ
・野菜マシマシ
・油マシ

麺300g、野菜マシマシじゃないと、映えないですもんね。。

スポンサーリンク

お店紹介

笑福 / 西中島南方

おすすめ度:☆☆


左が野菜マシ・右が麺普通・野菜マシマシ
比べると、差がよくわかりますね(笑)

梅田・西中島・南森町・西本町 と、大阪市内に多くの店舗を構える人気店
筆者は西中島店に行ってきました

見栄えはとてもいいのですが、肉がペラペラで、
がっつり派の方は、違うお店のほうがいいかなと思います
(筆者もがっつり派)

ラーメン荘 歴史を刻め / 下新庄

おすすめ度:☆☆☆


麺普通・豚ラーメン野菜マシ(脂マシ別皿)@筆者の二郎系デビュー戦

界隈でもっとも有名なのが、このお店だと思います

印象としては、いつ行っても1時間は待つ
会社の上司と1時間待ったこともあります(汗)

美味しいのですが、やっぱり綺麗な店が好きなのと、めちゃくちゃ待つことから、
後で紹介する「ラーメン工藤」の方がオススメかなと思います

ただ、一度は行くことをオススメします!


麺普通・豚ラーメン野菜マシ(脂マシ別皿)

歴史は、日によって盛りがあまり綺麗じゃないな、と思います


麺普通・野菜マシマシ(脂マシ別皿)

野菜の量もさながら、肉厚もエグいです(笑)
やはり野菜マシマシは存在感あっていいですね!

ラーメン荘 地球規模で考えろ / 茨木市

おすすめ度:☆☆☆☆☆


麺普通・野菜マシマシ(脂マシ別皿、生卵)

【ラーメン】大阪北摂の二郎系ラーメン5選!
麺普通・豚ラーメン野菜マシマシ(脂マシ別皿、チーズ)


麺少なめ・野菜マシマシ(脂マシ別皿)


麺少なめ・豚Wラーメン野菜マシマシ(脂マシ別皿)

・味良し
・見た目良し
・清潔感良し

この中で、筆者のNo.1お気に入りのお店です!

醤油系のコクの効いた味付けと、ピリッと刺激の一味が最高!
美味しい野菜炒めの様な味です
肉も適度な柔らかさですが食べごたえがあり、美味しいです

ちなみに、豚Wというのもやったことありますが、顎が疲れるのでオススメできません(笑)

ラーメン工藤 / 岸辺

おすすめ度:☆☆☆☆


麺普通・野菜マシマシ(脂マシ別皿)

歴史と似た見た目ですが、盛りが綺麗な気がします
マシマシは多すぎて、持ってくる時、店主の指が入ってた気がします・・・(笑)

「歴史を刻め 下新庄店」で3年修行された工藤店主のお店です
歴史通に聞くと、工藤店主が作る日は特に美味しかったそうで

歴史のブランド力はかなりのものですが、こちらもとても美味しかったです!

・味の美味しさ
・店の綺麗さ
・混雑の少なさ

を考えたら、筆者は「ラーメン工藤」派です

ラーメン池田屋 / 吹田

おすすめ度:☆☆


麺小・野菜マシマシ脂マシ(小で300gあります

マシマシにすると「絶対食べてね」と言われますが、他のと比較するとそこまでですね


別アングルから

京都の激戦区「一乗寺」と阪急吹田にある二郎系ラーメン

「汁薄め」というのが選べます
ただ、薄めにしなくてもそこまで濃くありませんでした
また、脂マシは別皿ではなく、最初から乗ってる状態でした

肉は繊維質で固めで、地球規模タイプの肉が好みの筆者にはそこまで、、

スポンサーリンク

食べ方

野菜マシマシってどうやって食べるの?という疑問にお答えします!

もやしをひたすら食べる

野菜マシマシは、まずはもやしを食べるしかありません

店によりますが、歴史等、小鉢をくれる店は一旦もやしを移します

ある程度平坦になるまでは、ひたすら食べ続けます

天地返しする

「天地返し」聞いたことあるでしょうか?

「野菜on麺」の状態をひっくり返し、「麺on野菜」にします
このためには、野菜をある程度減らしておく必要があります

天地返しにより、

・麺が伸びにくくなります
・麺を冷ますことができます

肉を食べる

肉は「もったいない」と思い、最後まで残りがちです

最後に食べるのですが、その頃には顎がだいぶ疲れており、
毎回どうしたものか、と考えています。。

スポンサーリンク

撮影の仕方

二郎系に行ったら、映える写真を撮りたいですね!
撮り方のコツを伝授します!

◎ 斜め30~45度から撮影


このくらいのイメージ!バランスよく撮れます

奥行き(具材がよく見える)
立体感(高さが伝わりやすい)


真横(斜め0度)から撮ると、立体感はでますが奥行きがよくわかりません
ただ、高さを強調したいときはこちらの方がオススメ!


これは斜め30度くらいで、真横よりで撮っています
盛りが高かったので、高さを強調しました

○ 斜め向きに撮影


筆者もよく使う手です

盛りが高いと、写真に余白ができやすいです
そのため、斜めに撮ることで、余白を減らそう、という考え方です

× 真上から撮る


これより更に真上から撮るイメージ

二郎系の特徴「山盛りの高さ」が全く強調できません
なるべく斜めから撮ることをオススメします!

スポンサーリンク

まとめ

今回は二郎系ラーメンについて、
筆者の経験を踏まえ、色々とご紹介しました

・筆者の注文ルール
・お店紹介
・食べ方解説
・撮り方解説
二郎系が食べたくなりますね!
筆者もお腹がすきました。。

ぜひ行ってみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました