【リュウジのバズレシピ】至高のハンバーグを作ってみた!

リュウジレシピ

今回は、リュウジのバズレシピより、至高のハンバーグをつくってみました

スポンサーリンク

至高のハンバーグとは

料理研究家「リュウジ」さんの至高シリーズの1つです
リュウジさんのレシピは簡単おいしいものが多いですが、至高シリーズは少し手間がかかるけど抜群に美味いものが揃っています!

今回ご紹介するのは、「至高のハンバーグ」
お手軽レシピが多いリュウジさんですが、こちらのハンバーグは普通に手間がかかります
ただ、ジューシーかつボリューム満点でとても美味しいですよ!

こちらの動画です

リュウジさんのレシピについては、こちらのまとめ記事もどうぞ!

【リュウジのバズレシピ】おすすめレシピランキング【実践して厳選】
【リュウジのバズレシピ】おすすめレシピランキング【実践して厳選】
リュウジのバズレシピについて、いくつか記事をご紹介してきました その中から、特におすすめなレシピをランキング形式でご紹介します (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObj...

材料

用意するものが多いです
上の方は一般的な材料ですが、粉ゼラチンは無い方多いと思います
ですが、粉ゼラチンはこのレシピの鍵なので、ぜひ用意してください!
(写真ではコンソメの右にある赤と白の袋です)

・牛豚合挽き肉 300g
・玉ねぎ    1/2玉(約100g)
・卵      1個
・バター    10g
・お塩     少々
・黒胡椒    少々
・コンソメ   小さじ2/3
・水      大さじ3
・パン粉    大さじ4
・粉ゼラチン  小さじ2
・牛脂     2個
・サラダ油   少々

玉ねぎを調理

色々材料が並んでいますが、まずは玉ねぎをみじん切りにします
ハンバーグに入れるので、細かめに切るほうがいいと思います
(粗いと玉ねぎが肉より目立ってしまうので)
写真くらい小さくなっていればOKだと思います

筆者はリュウジ流みじん切りをした後、さらに細かく切っていきました
普段は薄切りしかしないから、久々に目が痛くなった・・・

続いて、玉ねぎをバターで炒めていきます
炒めるときに塩少々を入れると、浸透圧の関係で、玉ねぎの水分が抜けます
飴色になるまでじっくり炒めましょうね

ここまでできたら、玉ねぎは一旦終了!
ここからが、大変な作業です。。

ひき肉に材料を混ぜていく

こっからが大変!
ハンバーグのメインの「種づくり」です
ハンバーグ好きだけど作るのはちょっと、、という方はここの苦手意識が強いかと思います

・・・ご安心ください

・・・今回のレシピ

 

いつもどおり、しっかりこねて作ります(笑)

頑張っていきましょう・・・!!

ひき肉をボウルに空けたら、色々と材料を加えていきます
まずは牛脂(なにから入れてもOKです)

☆ポイント:牛脂は刻む

牛脂はあらかじめ細かく切っておく方がよいです
理由は、こねるとき、牛脂を全体になじませる必要があるからです

画像は固まってるように見えますが、実際固まってます・・・
ここは反省点ですね

続いて、パン粉・コンソメ・ゼラチン・卵・水・塩・コショウを加えていきます

☆ポイント:ゼラチンを入れる理由

冒頭から触れてきたゼラチン
なぜいれるかおわかりでしょうか?

正解は、ハンバーグの肉汁を保水するため、です

テレビなんかでよくハンバーグを切って、
「肉汁が溢れてて美味しそう~~!」
なんてコメントを耳にしますよね

肉汁があふれることは良くないことです

肉汁も合わせて食べた方が美味しいからですね(^^)
ゼラチンは肉汁を保水して、溢れるのを防ぐ役割をしてくれます!

☆ポイント:下味はしっかりと

ハンバーグ自身の味を決めるのはこの段階です
一番最後にも書きますが、若干レシピよりも味を濃くしてもいいかなと思いました

ただ、肉を上質なものにしていたり、肉本来の味を楽しみたい、という方は、そこまで気にしなくていいかなと思います
パン粉が加わっているので、その分濃い目に味付けたほうがいい気がします

続いて、先程炒めた玉ねぎを入れます
粗熱を取れてから入れたほうがいいです

ここまで来たら、いよいよこねていきますよ!

地獄の手になっています(汗)

☆ポイント:ビニール手袋

ハンバーグをこねるときビニール手袋をすると、手が汚れなくて済みます
簡単にする場合は、スーパーの生物とかを入れる小さな袋、あれを使えばOKです
袋の中に手を入れてこねると、袋越しにこねられるので、手が汚れませんね

ただ、手の動きが制限されてしまうので、筆者は素手で行きました

また、ビニール袋の中に具材を入れてこねる、というパターンもやったことがありますが、
素手でこねたときほどは混ざりませんでした

形を整える

十分にこねたら、肉を2つにわけ、ハンバーグの形にしていきます
空気を抜くために、手から手へ叩きつけたりします
そのため、ここは素手でやらざるを得ないかな、と思います

☆ポイント:中心をくぼませる

今回のハンバーグは、大きく火が通りにくいです
また、ハンバーグの中心は更に火が通りにくいです

中央をくぼませると火が通りやすくなるので、ここは要チェックです!

焼いていく

形を整えたら、いよいよ焼いていきます

フライパンにサラダ油を少し垂らして、いざ、ハンバーグ!!

☆ポイント:弱火で

このハンバーグは、ゼラチン・パン粉など様々なものが加わっており、
火が強いとすぐ焦げます
弱火より少し強いくらいで、じっくり火を通すのがコツですよ!

そのまま弱火でしばらく焼いて、ある程度焼き色がついたら、ひっくり返します
焼き色が着いているかは、実際にハンバーグを持ち上げて確認しました(笑)
いい感じに焼き色がついてきましたね!

そのまま1,2分程度おき、裏面にも焼き色をつけます
その後、水を加えてフタをして、蒸し焼きで中まで火を通します

☆ポイント:蒸し焼きは気長に

筆者は焦げないよう弱火で蒸し焼きしました
ですが、いつまでたっても中まで火が通りません
火が弱いので相当時間がかかります

一旦ハンバーグのことは忘れて、You Tubeでも見ながら時間をつぶすのがいいかなと思います(笑)

☆ポイント:火が通ったか確認

つまようじなんかでハンバーグを刺すと、肉汁が溢れ出てきます
(美味しそう~♪)
この肉汁が透明ならOK、濁っていればNGです

ただ、筆者もやってみましたが、正直よくわかりませんでした
少し大胆に切ってみるか、気が済むまで蒸し焼きにするのがいいかなと思います

透明な肉汁が出たので焼けたかな?と思ったのですが、
生っぽい赤色もしばらくしてから出てきたので、この確認方法はやめました(笑)

肉が焼けた!

そうこうしていると、そのうちハンバーグは焼けます(笑)

次はソース作りです

ハンバーグを皿に盛り付け、フライパンに残った肉汁に醤油・酒・みりんを大さじ2ずつ加え、熱を入れます
お好みで、味の素やにんにくなども加えてください!

☆ポイント:デミソースもあり

残った肉汁をデミグラスソースにするのもアリです!
筆者は、ケチャップとお好みソースを1対1で混ぜて、コンソメを加えて作っています
どちらのソースにするかは、「お好み」ですね!

盛り付け & 実食

ハンバーグにレタスを添えて、ソースをかけたら完成です!
ハンバーグの大きさでテンションがあがるし、香りもたまりません!!
五感で楽しめます(笑)

本日はハイボールと合わせていただきます
ビールも合うかもしれませんね
デミソースの場合は、赤ワインがいいと思います

中までしっかり火が通っているし、肉汁が溢れ出ていないのがおわかりいただけるでしょうか!

さっそく食べますが、

知ってたけどうまい!!

どうせ美味しいんだろうな~と思って口にしたら、案の定美味しかった、って感じです

ただ、上のポイントでも書いたとおり、下味をしっかりつけたほうが美味しかったかなーとも思いました
ここは反省点です

ただ、とにかく密度があって食べごたえ十分、とても美味しいハンバーグができました!
ソースも肉汁がきいてて完璧です♪

おかわりは少しアレンジを

美味しすぎたので、2個めもぺろりです(笑)

2個めは、目玉焼きも添えてロコモコ風にしてみました!
ご飯をもって、1個めのときと同じようにハンバーグ・レタスを載せ、追加で目玉焼きを載せただけです
ロコモコ風アレンジは超簡単なんで、特にご飯派の方はぜひやってみてください!

まとめ + 反省点

筆者はいつも簡単レシピしか作らないので、このレシピは結構大変に感じました
ただ、StayHome、自宅待機の昨今、いつもとは違う手間のかかった料理をするのも、またいいものですよ!

反省点はこんな感じです(重複する内容もあるかと思います)

  • 下味をしっかりつける
  • 焼くときの火加減
  • 食べすぎ

下味は、何度か触れましたが、こねる段階で調整する必要があります
次の火加減ですが、弱火でやると全然火が通らなかったので、弱火以上中火未満くらいで焼くことをオススメします
食べすぎ、については、2個めは後日食べればいいものを1食で全部行ってしまったのは食べすぎだったなと反省しています・・・

まあそれだけ美味しいということです(笑)

皆さんぜひ作ってみてください!

他にも、至高シリーズの記事を書いているので、よかったら御覧ください!

【リュウジのバズレシピ】至高のナポリタンを作ってみた!
【リュウジのバズレシピ】至高のナポリタンを作ってみた!
今回は、リュウジのバズレシピより、至高のナポリタンをつくってみました 至高のナポリタンとは 料理研究家「リュウジ」さんの至高シリーズの1つです リュウジさんのレシピは簡単おいしいものが多いですが、至高シリーズは少し手間がかかるけど抜群...
【リュウジのバズレシピ】至高の豚キムチを作ってみた!
【リュウジのバズレシピ】至高の豚キムチを作ってみた!
今回は、リュウジのバズレシピより、至高の豚キムチをつくってみました 至高の豚キムチとは 料理研究家「リュウジ」さんの至高シリーズの1つです リュウジさんのレシピは簡単おいしいものが多いですが、至高シリーズは少し手間がかかるけど抜群に美...

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました